iOS 8.3ではiPhoneで各社VoLTEでの通話が可能に auはVoLTE機種以外の契約で無料オプション必須 通話中データ通信も可能


本日リリースされたiOS 8.3では、iPhone 6 / 6 PlusでVoLTEでの通話が可能になりました。

IMG_0058iOS 8.3のアップデートにより、NTTdocomo、KDDI au、SoftBank Mobileの高音質通話サービスであるVoLTEに対応しました。
これは、VoLTEを利用するには設定から変更する必要があり、””設定>モバイルデータ通信>4Gをオンにする”から「音声通話およびデータ」に変更する必要があります。

KDDI auでは、VoLTE対応機種の契約のもの以外からVoLTEを使う場合、au お客様サポートから無料のオプションを追加する必要があります。方法は、”ログイン>契約の変更・確認>オプションサービスに申し込む”から「ネットワーク設定オプション」に加入する必要があります。
ネットワーク設定オプションについて:auお客さまサポートのオプションサービス変更画面にある「ネットワーク設定オプション」とは何か?
そして、Android機種ではVoLTE専用SIMが必要でしたが、iPhoneの場合はそのまま変更なしで使えるようです。

SoftBankもVoLTE対応機種の契約以外だと、VoLTEをすぐに使えないようです。しかし、auのようにWEB上からオプションなど加入ができないとの事。(確実な情報では無いのでごめんなさい)

各キャリアともiPhone 6、6 PlusのSIMロックフリーモデルでも使えます。


筆者のiPhone 6契約の回線で通話してみました。しっかりVoLTEが適応されています。
IMG_0059
また、通話中のデータ通信も可能となっているようです。
IMG_0060

auのiPhoneでは、通話の音質がとても悪いと評判?ですが、ようやく高音質通話ができるようになりました。せっかくなので、アップデートしてVoLTEを体験してみてもいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。