【追記】iPhone 6 / 6 Plus SIMフリー/docomo/au/SoftBankで価格を比較してみました 一括価格はSoftBankが最安


iPhone / 6 Plusの各モデルの価格を比較してみました。

※2014年11月14日より価格が変更になりました。以下のリンクにまとめてあります。キャリア版は今のところ変わりありません。
Apple iPhone 6 / 6 Plus 突然の値上げ! 税別75,800円〜

iPhone 6


NTTdocomoも価格が発表され、SoftBankが一番最安となっており、ドコモが最高となっています。

iPhone 6 Plus


au、SoftBankの128GBモデルは価格が同じとなっています。

上記の金額は、本体代金を一括で支払った時の金額と同じです。

実質価格


実質価格とは、2年間iPhone 6/6 Plusを使い、毎月の割引を使い分割代金を相殺または分割代金を軽減するもので、一括で払った場合でもこの毎月の割引は受けられます。

iPhone 6 MNP/新規の場合
16GBの場合、3社実質0円となっており、128GBはau、SoftBankどちらも実質金額は同じです。
iPhone 6 Plus MNP/新規の場合
au、SoftBank両社とも実質価格は同じとなっています。SoftBankは、料金改訂でauに合わせてきました。

iPhone 6 機種変更の場合
機種変更の場合、ドコモが一番実質価格が安くなっており、毎月の割引が大きくなっています。
iPhone 6 Plus 機種変更の場合

SoftBankは、最初発表した時点ではiPhone 6 Plus 128GBモデルは10万越えしており、その後何回か価格改訂のあとau KDDIと合わせてきたように思えます。
ドコモは、14日午前に発表し本体価格は高いものの機種変更のユーザーには実質価格が他社より安めに設定されています。

※金額は全て税込です。


情報元:
iPhone 6 – Apple
ドコモからのお知らせ : iPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売価格について | お知らせ | NTTドコモ
料金・割引 | iPhone 6 / iPhone 6 Plus(プラス) | iPhone | au
iPhone 6 iPhone 6 Plus 機種代金の変更について 午後4時掲載 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。