3,000円で買えるコスパ最強のヘッドフォン「Porta Pro」レビュー


オーディオをかじった事のある人には有名であろう定番ヘッドフォン「Porta Pro」を買ってみたのでレビューしたいと思います。


Porta Proは定価およそ1万円ながら、長年の人気ロングセラーモデルであり、現在3,000円で入手できます

ド定番なヘッドフォンらしく、家電店でこれを店員さんに頼んだら笑顔で「あ、ポタプロですね!」と案内されました。「ポタプロ」という略称が定着しているようです。

IMG_0140
パッケージ。アメリカンな感じがします。

IMG_0141
中身を取り出すと本体とポーチが出てきます。このポーチ、本体の破損率が高くなるとの話も聞くのであまりおすすめできないかもしれません。気になる方はゴミ箱にシュートしましょう。

IMG_0144
ヘッドフォンの横側には締め付けを調整できるギミックが搭載されています。締め付けを調整できるギミック。良いですね。

IMG_0143
外装はユニークなデザインをしていて、好みが分かれる所ではあります。少し安っぽくもありますね。ケーブルはとても安っぽいです。1,000円のヘッドフォンのようなケーブルです。

音質

音質としては、まずこの価格帯の開放型のヘッドフォンとしては別格の低音に驚かされます。個人的にBOSEやBEATS Audioの低音重視のヘッドフォン・イヤホンをいくつか使ってきた身ですが、この低音には満足感が得られました。

しかし、低音重視のボコボコな音のヘッドフォンと言えばそうではなく、きちんと丁重に高音まで表現してくれます。元々の定価が1万円前後というのもありますが、良い意味で価格とミスマッチな表現力を感じます。

音漏れ

構造上、Porta Proは音漏れします。電車の中で使う場合は周りに音が漏れている可能性が高いです。電車社会の日本で使うには少しオープンすぎるヘッドフォンかもしれません。ただ、外部の音はきちんと聞こえるため、密閉型と比べて外出時に使う場合の危険度は低いのではないでしょうか。

総評

外観 ★★★☆☆(ケーブルが残念)
音質 ★★★★☆(価格帯の中では頭ひとつ抜けた音質)
価格 ★★★★★(文句無しのコスパ)

安い価格帯でも音質は妥協したくない、でも音漏れは仕方ないや、といった方には断然オススメできるヘッドフォンです。コスパ最高です。是非買いましょう。

Amazon.co.jp: 【国内正規品】 TEAC KOSS オープンタイプヘッドフォン KOSS PORTA PRO1: 家電・カメラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェット好きの大学生です