Android WearがiPhoneに対応する「Android Wear for iOS」をリリース

[`evernote` not found]
LINEで送る

Android Wearが、iOSに対応しました。

IMG_0035本日、iPhoneの通知をAndroid Wear端末でも受ける事が可能になる「Android Wear for iOS」がリリースされました。
IMG_0052iOS対応機種は、iPhone 5、5s、5c、6、6 Plusで、iOS 8.2以上のバージョンがインストールされている必要があるようです。
Android Wear端末の対応機種は、 現在発売しているものはLG Watch Urbaneのみで、今後発売される機種は対応しているとのことです。

通知をAndroid Wear上で確認できる他、「OK、Google」のボイスコマンドにも対応しています。また、フィットネス機能のGoogle fitにも対応しています。

Android Wearとは、Googleのプラットフォームを搭載した腕時計型ウェアラブル端末で、ハードウェアはSonyやSamsung、ASUSなど各社が発売しています。今までは、Android 4.3以上のバージョンを搭載したAndroid端末とでしか接続できませんでした。

iPhoneでは、腕時計型ウェアラブル端末は、Apple Watchなど数はごくわずかでしたが、Android Wear対応により一気に幅が広がりました。Android Wearは、デザインやスペックも大きく変わってくるので、購入時はApple Watchだけに留まらず候補に上げるのもいいかもしれません。
しかし、現在発売しており対応しているAndroid Wearは1機種のみなので、Smart Watch 3やG Watch R、Moto 360など対応がどうなるか気になるところです。

※追記
実際、Moto 360を接続してみると問題なく動作しているようで、LG Watch Urbane以外の現行機種でも問題なく使えるようです。動作確認などのためGoogleオフィシャルブログは断言しなかっただけでしょうか?
また、ウォッチ上で動作するアプリケーションは今のところGoogle系のみですが、通知は全て表示され、音楽の再生もできるようです。

アプリ ダウンロード:Android Wear – Google, Inc.

情報元:Official Google Blog: Android Wear now works with iPhones

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。