暑い車内から物を守るためにやっている対策と効果

[`evernote` not found]
LINEで送る

暑い車内から物を守るためにやっている対策を紹介

最近とても暑い日が続いており、自動車の車内もかなり高温になっている事がほとんどです。特に屋根が無い青空駐車をしている車内の暑さは80度超えているんじゃないかという程。
そんな中、少しでも熱くならないよう対策を取ろうとやっている事を紹介します。

サンシェードを置く


サンシェードはかなり熱を遮ってくれ、体感でもかなり違うことが分かるほど効果絶大。また、直射日光から避けられるのでダッシュボード周りやハンドルなど、熱で触れないほど熱くなる事がありません。
フロントガラス以外に、サイドウインドウ用のサンシェードもあると更に遮熱になると思います。
たまに見かけるのが、サンバイザーなどで押さえず、車外から車内が見える形でただダッシュボードに置いている車が見受けられます。それだとあまり意味がありませんので、しっかりフロントガラスを覆うようにしましょう。
また、車内の劣化を遅らせる事もできるので、長く乗っていくには必須かと思います。

※サンバイザーの反射で意外に鳥糞が少なくなりました。

メルテック フロントサンシェード ブロックシェード Mサイズ W断熱 消臭&抗菌 1360×730 吸盤2個入り Meltec PBW-11

車用サンシェード 車窓日よけ カーシェード UVカット 簡単着脱 遮光 断熱 99% の有害な紫外線を止める 車内の目隠しや目印にも 収納バッグ付き 50CM*30CM 4枚セット (50cm×30cm×4枚) 取扱説明書付き

窓を少し開けておく


車内は空気の出入りがほとんどありません。そのため、熱された空気はどんどん暑くなっていきます。空気の通り道を多くすることによって少しでも風通しを良くすることが狙いです。
車の近くに居る時は、全ての窓を全開にし、離れる際は全ての窓を2〜3cm程開けておきます。
ドアバイザー装着車は、ドアバイザーの間で窓を開けておくと、車外からは空いているか分かりにくいと思います。
もちろんこの方法は、治安の良い所でしか活用できませんが、これもやっていて効果があると感じています。

なるべく屋内・日陰に駐車する


出先などに立体駐車場や機械式駐車場など、屋根があれば、是非そちらへ駐車する事をオススメします。
屋根の無い平面駐車場だとアスファルトの熱と太陽の熱で、とても暑くなります。
この時期、満車になりやすいですが、しばらく回れば空きもあるはずです。
自宅の駐車場では中々難しい屋内駐車場ですが、カバーをかけるなどして少しでも直射熱を避けるようにしましょう。
とにかく太陽光から逃げるようにすれば、かなりの熱対策になります。

その他注意するべき対策


ここからは、物が傷まないよう対策をしている事を紹介します。

CD・DVDの入れっぱなしをやめる


CDやDVDなどディスクを、ナビに入れっぱなしにするのはやめておきましょう。最悪、変形して取り出せなくなる時があるみたいで、面倒になる前に普段からケースにしまうようにしておいた方が良いです。

ETCカードの挿しっぱなしをやめる


CD同様に、ETCカードの挿しっぱなしもやめて置いた方が良いでしょう。ICチップの破損にも繋がる可能性があるので、再発行の手間も考えたら普段から抜いておくのが良いかと思います。

メガネの置きっぱなしをやめる


レンズを支えている部分がワイヤーになっているタイプは特に注意です。
去年の夏に、メガネを置きっぱなしにしていたところ、ワイヤーが切れてレンズが取れてしまった事がありました。
また、フレームが熱くなってしばらく冷ましていた事もあったりと、自宅保管が良さそうです。

携帯電話・スマートフォンを置きっぱなしにしない


熱でカメラなど一部制限がかかったりと、不便を感じた事がありました。エアコンの熱で冷ます手間を考えたりするとまだポケットに入れておいた方が良いくらいです。

初歩的な対策を書きましたが、これらでかなりの車内の熱がマシになりました。これらをする事で、車に対する痛みも軽減し、人間も多少ですが不快感がマシになりますので、是非実践してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。