KDDI au・ソフトバンクも実質0円廃止 端末代金値上げ ドコモに追従


KDDI auとSoftBankも実質0円を廃止するようです。

softbank-free-part-exchange-1先日、ドコモが実質0円を廃止し、端末価格を1〜2万円値上げする報道がありましたが、KDDI auとSoftBankもそれに追従することが分かりました。
具体的な日程などは記載されていませんが、内容もドコモを追従する形となっています。
これで大手3社は、総務省の意向に従った形となりますが、”実質0円を廃止=端末代金の値上げ”という予想斜め上の構図が出来上がってしまいました。他にも月々の割引を減らすなどの方法はあったと考えられますが、できなかったのでしょうか?
また、料金プランの話とは言え、カルテルはやめろという指示があったと思いますが、あれはどうなってしまったのでしょうか。結局、いろいろ追従してるだけじゃないかとも感じ取られます。

ドコモ実質0円廃止も含め、実際に利用者に還元されるのか?全員に乗り換えできる権利があるのに不公平とは?などいろいろと疑問に感じ取られるともあります。
さらに、ドコモのカケホーダイプランのみなどの選択肢しかない事、割引施策適応不可という制限があることなども問題にしてほしいと筆者は考えます。

情報元:携帯「実質0円」撤廃へ KDDI・ソフトバンクも  :日本経済新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。