au「HTC J One HTL22」開封!質感がとても良いです


先日発売されたau HTC J One HTL22を購入してきたので開封してみます。


(画像クリックで拡大)

外箱


SONY DSC6月1日からはホワイトメタルのみ発売で、ブラックメタルは6月下旬の発売予定となっています。今回は1日に発売されたホワイトメタルをレビューします。
外箱は、以前のように質素な長方形な箱でしたが、今回は四角い箱となっています。この外箱は海外と同じものです。

付属品


SONY DSC

付属品は、本体・マニュアル・イヤホンです。イヤホンは、ワンセグを視聴するために必要なのでその為に付属したのではないでしょうか。

外観・質感


SONY DSCアルミの質感はとても心地よく、手に持った時もとても馴染みます。質感は例えるならMacBookなどのアルミボディの質感とほぼ同じと思います。店頭に置いてある、コールドモック(動かないモック)とはちょっと違う気がしましたので、ぜひ実機を触るかMacを触って直接試してみるといいかもしれません。
SONY DSC上部には、センサー、スピーカー、インカメラがあります。スピーカーの穴の一つは通知LEDとなっています。
SONY DSC下部はスピーカーとマイク、バックキーとホームキーがあります。メニューキーまたはタスクキーが無く、位置的にミスも多く慣れが必要かと思います。メニューボタンがアプリケーション内に無い場合画面の中に出てきます。これに関しては追々紹介します。

HTC Boom Soundで今までに無いステレオサウンド


DSC03122-3

今までのスマートフォンは背面や横にスピーカーが付いており、さらに音量を上げると音割れしていました。それはHTC J Oneでは解消されています。実際にXperia Z SO-02E、Xperia acro HD IS12S、iPhone 5で比較してみました。

条件は、全てのスマートフォンで最大音量にしてあります。Xperia Z、acro HDでは軽い音で音割れしてしまっています。iPhone 5は、こもったような音になっています。HTC J Oneの場合、フロントにステレオスピーカーが付いているためモノラルでなく、こもる事もありません。動画などを観るとき、ちょうど良いかもしれません。また、アンプも端末にチューニングされて細かい音も他よりも聞こえやすいのではないのでしょうか。

au オンライン ショップでは、明日から他社乗り換え・新規・機種変更すべて解禁です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。