ドコモ 新OS搭載スマートフォンを来年発売することを検討

[`evernote` not found]
LINEで送る

NTTドコモは、新OSであるTizen OSを搭載したスマートフォンを来年2013年にも発売するを検討している事がわかりました。


meego-dead-long-live-tizen-0_original今回、ドコモがTizen OSに目を付けたのは、Android OSとiOSで約9割占めている事から両OSに対抗すべく勢力づくりを目指すとしています。
さらに、ドコモから販売しているスマートフォンはほとんどがAndroid OSであるため、その脱却のためとも考えられています。

Tizen(タイゼン)OSとは、韓国サムスン電子と米インテルが主に共同開発しているOSで、日本通信事業社がAndroid OSとiOSに頼りきっている状態を打破するため注目されているOSです。なかでも、共同事業体に加盟してるNTTドコモはこれに目を付けたと思われます。
Tizen OSは、LinuxをベースにHTML5などのウェブ技術に基づいているためAndroid OSよりも開発が容易とされています。

Tizen OSを搭載したスマートフォンはまだ未発売ですが、来年2013年に韓国サムスン電子から発売されるとしています。

情報元:読売新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。