アルミバンパーでカメラが綺麗なWindows Phone 8「NOKIA Lumia 925」フォトレビュー

[`evernote` not found]
LINEで送る

海外端末である「NOKIA Lumia 925」を購入しましたので、開封してみたいと思います。
SONY DSC

セット内容


SONY DSC

micro USBケーブル、ACアダプタ、イヤホン、本体、説明書、SIMピンが付属しています。

本体


SONY DSC

カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・グレーがあり、筆者はグレーを購入しました。
Lumia 925は、前のLumia 920を軽量化し薄型にしたもので、デザインも若干変更されています。
ディスプレイは、4.5インチの有機ELで、解像度がWXGA 1280*768です。
有機ELディスプレイではありますが、見たところ有機ELな感じを全く感じさせませんでした。


SONY DSC背面は、マットなプラスチックになっており、アルミではありません。また、背面にスピーカーが配置されました。
SONY DSCカメラは、4.8MpixelのCarl ZeissのPureViewカメラが搭載されています。その隣にはデュアルLEDも搭載されて、とても明るいです。
しかし、薄型化したせいかフラットになっておらず、カメラは出っ張っています。
SONY DSC背面下部には、スピーカーとQi搭載ケースのための金属があります。
スピーカーには、置いたときに音を塞がないように突起があります。


SONY DSC

上部のバンパーには、SIMスロット・micro USB、イヤホンジャックがあり、集約されています。
SIMサイズは、micro-SIMとなっています。また、SIMスロットの裏にIMEIが記載されており、Lumia 920のようにスロットは外れません。


SONY DSC

右バンパーには、音量ボタン・電源ボタン・シャッターボタンがあります。
シャッターボタンは、長押しすればロックした状態から即座にシャッターを切る事が出来ます。
バンパーは、アルミとなっています。

カメラ


(クリックで拡大表示)
夜景

風景

接写

その他

個人的に、風景と夜景が一番綺麗に撮影できると感じました。オートでは食べ物を美味しそうに撮影する事は難しく、多少カメラの設定を変更する必要がありそうです。
また、マニュアルさながらに撮影できる”Pro Camera”も使えます。
wp_ss_20131019_0001

感想


価格も4万円程度になっており、920を買うなら925を買った方が良いと思います。920は約185gから140gに減量していますので、重量が気になっていた人には良いかもしれません。さらに、暗所や風景に強いカメラなので、簡単に写真を撮りたい場合は、持ち歩いても良いかもしれません。
しかし、Qiの置くだけ充電やストレージが16GBになっています。Qiを使う場合には、別途ケースを付ける必要がありますし、ストレージはSkydriveなどを駆使する必要はあるようです。
Windows Phone 8端末で、手軽な物が欲しい人には丁度いいのではないでしょうか。
LTEの設定に関しては、SIMを入れてからアクセスポイントを設定すれば、すぐに繋がります。特別な設定は不要でした。
Band 1/3/7/8/20が対応していますが、ドコモで使う場合Category 4非対応ですので最大100Mbpsまでとなっています。SoftBankで使う場合、Band 1/3のダブルLTEに対応しています。また、EMOBILE LTEにも対応しています。

購入


Nokia Lumia 925 LTE (SIMフリー, 16GB, Grey)キャンペーン & スペシャルオファー – EXPANSYS 日本
Nokia Lumia 925 LTE (SIMフリー, 16GB, White)キャンペーン & スペシャルオファー – EXPANSYS 日本
Nokia Lumia 925 LTE (SIMフリー, 16GB, Black)キャンペーン & スペシャルオファー – EXPANSYS 日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

この記事を書いたユーザー

ガジェットが好きな人。